公開日:2019/12/11

商品を販売するならAmazonオークションサイトどこがいいのか?

物販を始める際にどこで販売するか人によって向き不向きがあります

どこも同じと思われるかもしれませんが、客層が微妙に違うため取り扱う商品によっては売れやすかったり売れにくかったりします。

まずはどこかのプラットフォームで販売してみて、思うように売れないなと感じたら違う販路を試してみるのもありです。

商品を販売するならAmazonやオークションサイト等どこがいいのか?

商品を販売するならAmazonやオークションサイト等どこがいいのか?

初めて物販に取り組む場合にはできるだけ簡単に商品が販売できるプラットフォームがオススメです。

何故なら本来商品を販売するには色々なプロセスが必要で、何もスキルを持っていない状態で始めればハードルが高すぎて挫折するのが目に見えているからです。

初心者でも簡単に始められるところでスキルを身につけ、徐々にできる範囲を増やしていくのがいいと思います。

始めやすいところで売ってみましょう

始めやすいところで売ってみましょう

ネットで商品を販売できる場は沢山ありますがそれぞれに特徴があります。

とりあえずどこでもいいので販売経験を積むのが良いです。

失敗したくないあまりに事前に入念なリサーチをする方もいると思いますが、初めてみると分かりますが大抵の場合は失敗します。

大きな失敗ではなく想定外の細々したことが問題が沢山起こるため、実践しながら学んでいくのが効率的です。

オススメはAmazon・メルカリ・ヤフオク

オススメのプラットフォームは以下になります。

  • Amazon
  • メルカリ
  • ヤフオク

いずれのプラットフォームも商品出品のハードルが低いのが特徴です。

Amazonの特徴

Amazonではすでにある商品ページを使って商品を販売していきます。

もちろん新規に商品ページを作成することもできますが、自前で販売用のページを用意する必要がないので、簡単に始められます。

利用者が多いために販売方法に関する情報も入手しやすく、仕入れから販売までの方法論が確立されているため初めての方にも易しいため、まずAmazonで経験を積んで他販路展開するのもありです。

Amazon出品サービス

メルカリの特徴

メルカリはもともと個人間での取引を目的にできたプラットフォームのため、業者の販売を基本的には受け入れていません。

今一番伸びているサイトでもあるため参入がしやすく、いい意味で荒れているためハマれば非常に稼ぎやすい場と言えます。

ヤフオクの特徴

ヤフオクはメルカリの躍進でやや客離れが起こった後、新規ユーザー獲得に色々とテコ入れを行っているのが分かります。

以前に比べ、出品や決済の簡略化が進み使いやすくなってはいます。

メルカリの勢いで目立たないですが、今後も安定したプラットフォームです。

慣れてきたら他の販路にも挑戦

慣れてきたら他の販路にも挑戦

物販は慣れてくると他販路でもある程度応用ができます。

もちろん販路ごとに特徴があるため、うまく行く場合もあれば失敗する場合もあります。

1箇所での売り上げを最大化して行くのもありですし、販路を拡大し新規ユーザーを獲得するのもありです。

難易度を上げて他の販路にも展開

以下の販路は前上げた販路に比べると難易度がグッと上がります。

商品ページを作り込んだり広告を出したり、Amazonのプラットフォームが多くの部分を補ってくれる場合とは異なり自身で作り上げていく必要があります。

うまくいけば他店との差別化が図れので実力が求められます。

Yahooショッピング

固定費がほぼかからないため、参入するのは比較的簡単です。

ただ店舗デザインや商品ページを自身で作り上げて行く必要があるため、難易度がグッと上がります。
Amazonや楽天に比べるとユーザー数は少ないですが出店者が少ないため競争があまりないのが特徴です。
ポイントによる還元やイベントが頻繁に行われているためまだまだ伸びる余地のあるプラットフォームです。

Yahoo!ショッピング出店(無料資料請求)

楽天

Amazonと同じく販売力・集客力のあるプラットフォームです。1から集客や商品ページを作り上げていく必要があるため、実力のある出店者が多い場でもあります。

実力が伴えば売り上げも伸びて行く実力派向けの場です。

楽天市場出店(無料資料請求)

独自ネットショップ

独自のネットショップは簡易的なものから1から全て作り上げていくものまで非常多岐に渡りますが、売り上げが青天井なのも特徴です。

安価に始めることもできるため、経験を積むためにも小規模なショップを立ち上げるのも一つの方法です。

物販にはいろんなステップがある

ネットで商品を売るにはいろんな工程があります。

広告で集客し、商品ページで商品をアピールし、梱包・配送・カスタマーサポートまでやらなければいけないことが非常に多くゼロから取り組めば挫折するのは確実です。

簡単に始められて、徐々にステップアップしていくのが得策と思いますのでなんでもいいのでまず売り上げを上げてみる経験を積むところから始めてはいかがでしょうか?

関連コンテンツ