公開日:2019/12/18

Amazon輸入に適したクレジットカード選び方のポイント

Amazon輸入を初めてみようと考えている方、輸入による物販を検討されている方はクレジットカードが必須です。

ですがクレジットカードはあまりにも種類がありすぎでどこのものを選んでいいのかわからないという方のおられると思います。

何を基準にカードを選んでいいかわからない方の疑問に答えようと思います。

Amazon輸入に適したクレジットカード選び方 【いくつかのポイントがあります】

Amazon輸入に適したクレジットカード選び方 【いくつかのポイントがあります】

クレジットカードには色々な種類のものがあり、何を選んで良いのか分かりません。

年会費無料のものや高額なもの、各社特典を用意して利用者獲得に躍起になって今うが、輸入を始めたばかりの人はどんなカードを使えばいいのか…

細かく挙げだすとキリがないですが、Amazon輸入に使えるクレジットカードを選ぶ際の最低限の基準は以下になります。

  • カードブランドによる為替換算レートの違い
  • 海外ショップでの利用しやすさ
  • 利用額に応じたポイント還元率

この三点をふまえてまずは利用してみるのがいいと思います。

最初のうちは利用限度額も低いため、クレジットカード1枚で補うのはすぐに厳しくなります。あまり悩みすぎないのもポイントです。

カードブランドごとに為替換算レートが異なります

カードブランドごとに為替換算レートが異なります

クレジットカードにはカードブランドがあり、それぞれ為替換算のレートが異なります。

カードブランド 為替換算レート
VISA 1.63%
Mastercard 1.63%
JCB 1.60%
American Express 2.00%

有名どころでは上記のようになります。
アメリカンエクスプレスが一番高く、JCBが一番低くなります。
0.4%程の違いで微々たるものと思われるかもしれませんが、通常の買い物と違い仕入れとなると利用額は一気に膨らみますので、年間を通すと大きな違いになります。

カード発行会社によってもレートが異なる

カードブランドによって為替換算のレートは異なりますが、さらにカード発行会社によってもさらにレートが異なります。

JCBだから為替換算レートが安くなると思っていると発行会社の手数料によって割高な費用を支払うことになる場合もありますので検討するカード会社のカードブランドごとの為替換算レートを必ずチェックするようにしましょう。

海外利用しやすいブランドを選びましょう

海外利用しやすいブランドを選びましょう

海外での利用にあたりカードブランドごとに利用できるショップが異なります。

VISA、Mastercardは安定の普及率ですが、JCBやアメリカンエクスプレスは利用できないケースも多々あります。

せっかく仕入先を開拓しても購入できなければ意味がありませんので決済手段の幅は多いほうがいいと言えます。

また、現地国内発行のカード以外は決済できないショップもあります。その場合は手数料がやや高いですがpaypalを利用し購入することも可能です。

海外からの転送にMyusを利用する場合

転送会社のMyusは非常にメジャーで利用されている方も多いです。Myusは独自のキャンペーンと展開していて、決済クレジットカードごとの送料割引キャンペーンが有名です。

アメリカンエクスプレス利用者の送料割引が非常に大きく、そのためだけにカードを持つ方も多いと思います(私もその一人)。

ポイント還元率や提携サイトも要確認

ポイント還元率や提携サイトも要確認

クレジットカードは運営会社ごとのポイント還元率も重要です。

利用金額に応じて獲得できるポイントの還元率
獲得ポイントの利用先

ポイント還元率に関してはカード発行会社ごとにかなりの差があります。
しかし、ポイントが多く獲得できても利用先が限られているといくらポイントが多くても結局使えないなんてこともあります。

その辺りは実際に使ってみないとわからない部分もありますが、カードを選ぶ際には重要なポイントです。

関連コンテンツ