公開日:2019/11/15

Amazon出品初心者向け 小口出品者の手数料

Amazonには個人、法人にかかわらず商品を販売することのできるAmazonマーケットプレイスがあります。

初めて商品を販売される方、商品に販売を始めたばかりという方向けにAmazonの出品プラン「小口出品」での手数料について解説していこうと思います。

出品プランについて

Amazonには2つの出品プラン「小口出品プラン」と「大口出品プラン」があります。

販売を始めたばかりの方の多くは小口出品プランを選択されることが多いのでは無いでしょうか?もちろん始めから多くの商品を販売していこうと大口出品プランから始められる方のいらっしゃると思います。

今回は「小口出品プラン」を中心に話を進めて行きます。

小口出品プランの主な内容

月額登録料がかかりません

大口出品の場合には月額登録料4,900円(税別)がかかりますが、小口出品の場合にはかかりません。

商品販売時の手数料

商品が売れた際には1商品につき100円の基本成約料と、販売手数料。また、本、CD、DVDなどのメディア商品の販売時にはカテゴリー成約料が発生します。

大口出品との違いは基本成約料の100円のみで、販売手数料、カテゴリー成約料に関しては違いがありません。

すでにAmazonに登録済みの商品に出品可能

小口出品の場合にはすでにAmazonに登録された商品であれば出品可能です。新規商品ページを作成するには出品プランが大口出品である必要があります。
また、商品の登録は1商品ずつしかできません。大口出品の場合にはリスト形式での一括登録が可能です。

手数料について

前でも触れましたが、月額の固定費などはありません。商品が売れた際に発生する「基本成約料」「販売手数料」「カテゴリー成約料」が手数料になります。

基本成約料

商品が売れた際に1商品につき100円の成約料がかかります。税抜き価格のため、消費税が加算されます。

販売手数料

販売価格に対してカテゴリーごとに決められた利率の掛けたものが手数料として引かれます。約8〜15%(Amazonデバイス用アクセサリは45%)の販売手数料もしくは30円程度の最低販売手数料でこちらも税抜き価格のためさらに消費税が加算されます。
関連記事:Amazon(FBA)の手数料について総まとめ

 

カテゴリー成約料

 

メディア商品(本、ミュージック、ビデオ・DVD商品、PCソフト、TVゲーム)の場合には販売手数料とは別に本の場合は80円、それ以外の場合には140円がかかります。

配送料について

小口出品の場合にはAmazonの指定した配送料が適用され、販売価格とは別に送料として別途購入者に請求します。大口出品の場合には個別に設定を変更できるので送料無料などの独自の配送料を適用することができます。

カテゴリー 日本国内
¥262
CD・レコード ¥356
ビデオ ¥398
DVD ¥356
PCソフト ¥356
TVゲーム ¥356
おもちゃ&ホビー ¥524
ベビー&マタニティ ¥524
上記以外のカテゴリー ¥472 + ¥53/Kg

小口出品ショッピングカート獲得資格

最後に一番重要な点ですが、小口出品はショッピングカートを取得できません。

Amazonで商品を販売する上でショッピングカートを取得できるか否かは非常に重要です。新品商品の場合にはほぼ全てと言っていい割合でショッピングカートを獲得した出品者から商品は購入されます。

ショッピングカートを取得できない出品者が、ショッピングカートを取得した出品者と競い合うには価格競争で購入者を獲得するしかありません。

あなたの扱う商品が新品商品の場合。他の出品者との価格競争に負けないだけの仕入れができない場合には大口出品を検討されることをオススメします。

関連コンテンツ