公開日:2019/11/30

Amazon販売では大口出品一択。メリットと選ぶ理由

Amazonで商品を継続販売するには大口出品が断然おすすめです。

固定費がかかるし、小規模な小口出品でもいいかもと考える方もいるかもしれませんが、出品プランの選択肢はほぼ大口出品一択です。

大口出品にはメリットが多く、小口出品にはメリットがあまりありません。

Amazon販売では大口出品一択。メリットと選ぶ理由

Amazon販売では大口出品一択。メリットと選ぶ理由

Amazonには2つの出品形態「小口出品」と「大口出品」があります。

商品を販売するにはどちらかのプランを選択しなくてはいけませんが、選択すべきは大口出品です。

継続的に商品を販売していくなら大口出品しか選択肢は無いと言えます。

小口出品との違い大口出品でしか無い項目がたくさんあります

小口出品との違い大口出品でしか無い項目がたくさんあります

小口出品と大口出品には機能や条件などで多くの違いが設けられています。

大口出品でしか利用できない項目が多く、これからAmazonでの販売を考えている方、出品形態で迷っている方は大口出品でしかできない項目を見て検討してみてください。

カートボックス獲得資格

Amazonのショッピングカートボックスを獲得するには大口出品でなければいけません。小口出品ではショッピングカートボックスを獲得できません。

AmazonマーケットプレイスWebサービスの利用

Amazonでは出品者むけのサードパーティーのサービスが多々あります。出品価格の自動更新や、出品情報の変更の自動化をするには大口出品でないといけません。

新規商品の登録出品

新規に商品カタログを作成できるのは大口出品だけです。

小口出品ではすでに登録済みの商品カタログにしか出品することができません。並行輸入品などを扱う場合、輸入商品を商品カタログが無いからと正規品ページに出品するのは規約違反になります。

代金引換、コンビニ決済の利用

代金引換、コンビニ決済どちらも人気の決済手段ですが、利用するには大口出品でないといけません。

必ず必要な要素ではないですが、現金でしか決済できないユーザーは一定割合の需要があるのであると売上向上に繋がります。

お届け日時指定の利用

あると便利なオプションの一つお届け日時指定も大口出品でないと選択できません。

出品者独自の配送料の設定

Amazonではデフォルトで設定された配送料がありますが、大口出品では独自の配送料を設定することができます。

大口出品がショッピングカート獲得の条件

大口出品がショッピングカート獲得の条件

大口出品でないとショッピングカートを獲得できません。

Amazonで商品を販売したことのある方ならショッピングカートを取得できるかどうかの重要性について理解されていると思いますが、Amzonではカートを獲得することが商品販売の鍵になります。

大口出品でないと売れ行きを左右するカート獲得の資格がありません

ショッピングカートの獲得はAmazonで商品を販売する上で非常に重要です。

ショッピングカートを獲得することで商品の売れ行きに直結するため、カート獲得のために価格やサービスで出品者は競争するのですが、小口出品の場合はその競争に加わることができません。

出品形態:大口出品である必要があります。

どんなに安価に商品を販売してもFBAを利用しても小口出品ではショッピングカートが獲得できないので、売れ行きが激減する中で勝負していくしかありません。

これだけでも大口出品を選択するには十分な条件です

Amazonを使って商品を継続的に販売していこうと考えた場合、「ショッピングカートを獲得できる」条件を得るだけでも大口出品を選択する理由としては十分です。

大口出品でなくてもいい場合

あえて大口出品を選ばない方もいると思います。

  • 基本的には小規模に販売していきたい。
  • 不用品の売却のために利用する。

など、通常は利用しないがたまに商品を販売する方などが該当するかなと思います。

極端に小規模な場合や中古品だけを扱うかたは小口出品でも構いません

不用品を販売する方だけの小規模な方や、中古品を販売する方は小口出品でも構いません。

中古品を扱う方というのは、例えばAmazonを利用し始めたばかりでまずは不用品の売却に利用してみるという方や中古商品を商材として販売する方が該当します。

中古品はショッピングカートを獲得できないので大口出品でなくても戦っていくことができます。

まとめ

Amazonで出品するにあたっては大口出品をおすすめします。

ショッピングカートが獲得できるだけでも大口出品を選択するメリットになりますので月額費用はかかりますが、大口出品を選択すべきです。

関連コンテンツ