公開日:2019/05/04
最終更新日: 2020/02/06

Amazon販売では手数料にも消費税がかかります

amazonの消費税

Amazonで商品を販売すると消費税が発生します。ひとつはあなたが消費税の課税事業者である場合に納税しなければならない売上に対する消費税。もう一つがAmazonの各種手数料に対して支払わなければならない消費税です。Amazonのヘルプページなどは税抜きでの表記がされていて実際に引かれる税額がわかりにくいためここではそれらの金額を整理したいと思います。

Amazon手数料には消費税がかかります

Amazonでは手数料に消費税が課税されていませんでした。国外に拠点を置くネット販売のため課税の範囲外になるとのことで話題になっていました。ただし、FBAに関しては日本国内に立地する倉庫から配送されるため、以前から消費税の課税対象ではありました。

Amazonの手数料には以前までは消費税がかからなかった?

2015年の税法改正により基本成約料、月額登録料、販売手数料、カテゴリー成約料、などの手数料が消費税の課税対象となり、現在では8%の消費税が売上金から引かれています。それまではFBAにかかる手数料以外は消費税の課税対象外であったことになります。

2015年の税制改正により、国境を越えた役務の提供に係る消費税の課税の見直しが行われました。
従来は、消費税法施行令第6条第2項第7号により、サービス提供者の本店所在地が米国であることから、国外取引として不課税取引としていました。
今回の税制改正に伴い、2015年10月1日以降のご利用分よりAmazon.co.jpの出品サービスにおける販売手数料等について出品者様へ消費税をご請求させていただきます。
課税対象となる販売手数料は、月間登録料、販売手数料、カテゴリー成約料、基本成約料、その他返金手数料、大量販売手数料などの、Amazon出品サービスに関してAmazonが請求するサービス料が該当します。
ただし、スポンサー プロダクトなど、一部の広告サービスについては、事業者向け電気通信利用役務の提供に該当しますので、消費税の請求はありません。
また、フルフィルメントby Amazonの手数料はすでに課税対象になっていますので、2015年の税制改正による変更はありません。

※引用元:【重要】2015年の税法改正による、販売手数料などサービス料の消費税の扱いについて

Amazon販売の消費税対象の項目は?

以下の項目に対して消費税が発生し、販売金額から手数料を引いた金額より消費税分が引かれます。AmazonヘルプページやFBA料金シュミレーターでは税抜き価格で表示されているため、実際の振り込まれる金額が少なくなるため、見落としがちな項目ですが正確に把握しておいたほうが良いでしょう。

ちなみにFBA手数料である配送代行手数料に関しては税込み価格で表示されているため、アマゾンヘルプページの金額が総額となります。セラーセントラルのトランザクションには手数料額と税額が個別に記載されているのを確認することができます。

  • 月額登録料
  • 販売手数料
  • カテゴリー成約料
  • 基本成約料
  • 配送代行手数料*

*トランザクション詳細では出荷作業手数料(個数あたり)に税別価格と税額を分けて記載されています。

出品プランによる課税対象の違い

amazonで商品を販売するにはまず出品プランを選択する必要があります。出品プランごとに料金体型が異なるため、発生する消費税も違います。以下ではプランごとの消費税になります。

小口出品プランで発生する消費税

小口出品プランでは商品1点が注文されるごとに基本成約料として100円が手数料としてかかります。そのため、100円+消費税で108円が売上金から引かれることになります。

大口出品プランで発生する消費税

大口出品プランでは月額登録料として4,900円が毎月かかります。Amazonヘルプページでは税別表示のため、4,900円+消費税で5,292円が毎月発生します。

Amazon販売手数料にかかる消費税

販売手数料は商品カテゴリーにより異なります。カテゴリー成約料はメディア商品(本、ミュージック、ビデオ・DVD)にのみ発生し、販売手数料と合わせて金額が注文毎に発生します。カテゴリーごとに販売手数料を決める料率が異なります。

カテゴリー成約料

書籍の販売時には80円、ミュージック・DVD・ビデオの販売時に140円が発生します。こちらも税別価格ですので、実際には書籍で87円、ミュージック・DVD・ビデオで152円がかかります。

販売手数料

販売手数料は商品の販売価格に対しカテゴリーごとの料率を掛けたものになります。

15,000円(一眼レフカメラ)の場合

15,000円×8%=1,200円 1,200円+消費税=1,296円

10,000円(TVゲーム)の場合

10,000円×15%=1,500円 1,500円+消費税=1,620円

AmazonのFBA利用時の手数料にかかる消費税

FBA利用時に支払う手数料に関しては、税法改正前から消費税の課税対象だったためAmazonヘルプ上でも消費税の税込価格にて表示されています。

配送代行手数料

FBA商品の発送毎に発生する手数料。商品サイズ、重量を基準に手数料額が決定されます。

* 商品は寸法と重量のいずれの基準も満たしている必要があります。
* 料金表内に記載されている重量は出荷商品の重量と梱包資材の重量の合計となります。梱包資材の重量は、小型と標準区分1は50g、標準区分2-4および大型区分1-3は150g、大型区分4は550g, 大型区分5は700g, 大型区分6および7は1.2kg, 大型区分8は1.4kgとなります。
* 標準サイズ区分2-4と大型サイズ区分1-3の違いは、梱包を含めた商品の3辺のサイズと重量が標準サイズ区分の基準を満たしているか否かです。たとえば、50cm x 5cm x 3cmの商品は最長辺が45cmを超えるため大型サイズ区分1に分類されます。
* 小型と標準サイズ区分1については、梱包を含めた商品の3辺のサイズすべてが基準を満たしている必要があります。たとえば、商品のサイズが5cm x 5cm x 5cmの場合、商品の高さが2.8cmを超えているため、標準サイズ区分2に分類されます。
* 標準サイズ区分2~4の場合、サイズは商品の長さ、幅、高さの合計で計測されます(梱包を含む)。

在庫保管手数料

FBA保管にかかる手数料。FC(フルフィルメントセンター)に商品が到着してから、商品が販売され発送される前の間の期間に対して課せられる手数料。

在庫保管手数料
在庫保管手数料表

返金手数料・大量販売手数料の消費税

返金手数料

購入者に返金を行う場合にも商品カテゴリーと返金額に基づいた金額をAmazonに返金手数料として支払います。それらにもまた消費税が加算されます。

人気記事Amazon(FBA)の手数料について総まとめ

人気記事副業、個人事業主向けのクラウド会計ソフトおすすめ3選【確定申告に使える】

関連コンテンツ