公開日:2020/01/16
最終更新日: 2020/09/03

ヤフオク販売ではFBAマルチチャネル配送で劇的に作業量が削減できます

Amazonをメインに商品を販売されている方の中には他販路へ販売先を増やしたい方も多いはず。

楽天、Yahooショッピング、ヤフオク、メルカリなど国内での販売先はAmazon以外にも沢山あります。

Amazonで商品を販売していると

  • 商品ページを作成する必要が無い
  • 自分で集客しなくても十分な集客力がある
  • 商品の梱包・配送の手間が無い

上記のように出品者にとって便利な反面、物販の運営スキルが養いづらい側面があります。

これから新たな販路に挑戦してみたい方向けにヤフオクという選択肢について考えてみます。

ヤフオク販売でFBAマルチチャネルを使えば面倒な出荷作業から解放されます

ヤフオク販売でFBAマルチチャネルを使えば面倒な出荷作業から解放されます

以前にヤフオクで商品を販売、購入したことのある方。しばらくヤフオクから離れてしまった方。

以前に比べヤフオクも進化しています。

メルカリの登場によって、中古品の販売先や個人間取引のユーザーをごっそりの持って行かれたヤフオクは少しずつ変わってきました。

  • 出品方法が簡単になる
  • かんたん決済による決済の自動化が浸透
  • 相手とのやりとりがほぼ不要

上記のように以前のような出品・取引の手間がなくなってきました。

メルカリがユーザーライクな作りだったのに影響されているのがわかりますが、出品者にとってもありがたいです。

ヤフオクでもFBAマルチチャネルは有効

FBAマルチチャネルはAmazonで商品を販売しながらAmazonの配送システムを利用できる便利なサービスです。

先に挙げたメルカリは規約上FBAマルチチャネルが使えません。

建前上、業者と個人の取引ではなく個人間取引のためのプラットフォームだからです。

ヤフオクはFBAマルチチャネルを使っても商品を配送できます。Amazonで販売している商品をヤフオクでも販売できます。

ヤフオクの規約違反にはならないのか?

ヤフオクのガイドラインでは以下のような禁止事項があります。

商品の現物が手元にない状態で出品すること

  • メーカーなどから直送されるもの、落札後に発注するもの、取り寄せが必要なもの、商品入荷後に落札者に発送するものなど、在庫がない状態での出品と当社が判断するもの
  • 商品代金が未払いのもの、入札前に在庫確認を求めるもの、落札後に在庫切れだった場合の条件があるなど、商品の現物が手元にないことを示唆するものも含みます
  • なお、商品引換券など、出品物が、引換対象物・役務の提供主体により発行された券面(代金支払い済であって、引換対象物を確実に確保できる状態にあることを示すもの) の場合にはこの限りではありません

手元にない状態とありますが、距離的に近くにあることを求めるものでなく確実に在庫のある状態を求めているのがわかります。そのため、FBA倉庫に預けている状態でも在庫確保できているのであれば問題ありません。

FBAマルチチャネル利用にあたっての注意点

FBAマルチチャネル利用にあたっての注意点

Amazonとヤフオクで商品を併売するには注意点がいくつかあります。

フルフィルメントセンターに送る前に商品画像を撮影する

FBAに商品を預けてしまうと商品の状態を確認することも、商品画像を撮影することもできません。

ヤフオクに出品することを前提にするならば先に写真撮影をすませたのちFBAに商品を預けなければいけません。

無地のダンボールで配送できるが事前に設定が必要

ヤフオクでは配送に使われる梱包に決まりはないため、Amazonの梱包で商品が配送されても問題はありません。

ですが購入者の立場で考えるとあまりいい気分ではないと思います。
Amazon商品を転売されたのではと考える方も少なからずいるはずです。

FBAマルチチャネルでは無地のダンボールを利用できますが事前に申請が必要です。

以下の内容をjp-fba-mcf@amazon.comまでメールを送りしばらくすると無地のダンボールで配送が可能になります。設定の変更までには約2週間程度の時間がかかります。

件名(Subject):無地ダンボールの利用申請
==============================================
①出品者様の正式名称(Legal Name)
ショップ名:[ ]
②セラーセントラルにご登録いただいているEメールアドレス
(Seller central log-in E-mail address)
アドレス:[ ]
==============================================

FBAの手数料よりも割高になるため注意

AmazonのFBAよりもFBAマルチチャネルサービスは割高です。

2019年に大幅に値上げされたためあまり利用していない人も多いはず。ただ個人で運送会社を利用し配送するよりは安い運賃になっています。

小型商品については送料が非常に高いです。FBAでも高いのにFBAマルチチャネルはさらに高いため、メディア商材などを扱う方は自身で配送する方が送料を抑えられます。
以前はまとめて配送すると一配送あたりの送料を安くできましたが、手数料が改定されてまとめて配送する場合と個別に配送する場合の送料に差がなくなりました。

FBAマルチチャネルの手数料については以下のページにまとめています。

出荷元はAmazonになる

商品の出荷元にはアマゾンの名前が使われます。FBA倉庫からの発送のため当然ではありますが、これは避けられません。

ここまで気にする購入者は少ないかもしれませんが、伝票にはアマゾンの名前が記載されます。

出荷までの時間は余裕を持って

通常のFBAと異なり、FBAマルチチャネルの発送までの時間にはラグがあります。

早かったり、遅かったりムラが大きいため余裕を持った配送日時を考えておくのが無難です。トータルで見るとFBAマルチチャネルは遅いかなという印象。

追加料金を支払いお急ぎ便での配送もありますが、それでも時間がかかることがあるため余裕を持っておくことをオススメします。

ヤフオクとAmazonでは客層が違う

ヤフオクとAmazonでは客層が違う

Amazonで商品を販売しながらヤフオクで商品を販売することをオススメする理由は、それぞれの客層が異なることです。

Amazonで売れなくなった商品でもヤフオクなら売れることがあります。
Amazonで価格破壊が起こった商品でもヤフオクなら良い値で販売できる。

などがあるため販売チャンネルは多い方が得策です。もちろん上記の逆もあるので注意は必要です。

闇雲に販売する前に事前リサーチを

ヤフオクにはヤフオクの客層があるため、Amazonとは別のリサーチが必要です。
ヤフオクのリサーチに利用されるサービスでの有名どころはオークファンです。

月間1500万人利用!最大級のショッピング情報サイト【オークファン】

過去の販売履歴を見ることができるため、どの程度の需要があるのか?価格相場はいくらか?を調べることができます。

壊れているものや型落ち商品でも売れる

Amazonよりも中古品の取引が盛んなため、壊れてしまったジャンク品や型落ちで需要の落ちた商品でも売れる可能性がヤフオクにはあります。

せっかく仕入れた商品を売れなければ不要な資産として残るだけですので、それらの処分ができるのもヤフオクのいい点です。

関連コンテンツ