公開日:2019/11/21

【注意】FBAには納品不備受領作業手数料なる手数料があります

FBAに商品を納品する際にいくつかの梱包要件があります。

袋詰め等の梱包要件に満たしさずFBA倉庫(フルフィルメントセンター、以下FC)に商品が到着した場合、FC内で納品不備受領作業を行い商品を販売可能にします。

ですが、納品不備受領作業には手数料が発生するため別途納品不備受領作業
手数料として徴収されることになります。

FBAには納品不備受領作業手数料なる手数料があります

FCに納品不備の商品が到着した場合には納品不備受領作業を行い商品を販売可能な状態にします。

納品不備受領作業にはいくつかの種類があり、手数料額も異なります。

納品不備受領作業手数料の種類

FBAでは以下4種類の納品不備受領作業があります。

それぞれ手数料が異なり、項目はコーチングレベルで分類されています。

納品不備受領作業 軽微 悪化 重大
ラベルの貼り付け 52円 81円 81円
ビニール袋に商品を入れる 92円 102円 102円
エアキャップで梱包 92円 122円 122円
テープで梱包 51円 81円 81円

コーチングレベルによる手数料の引き上げ

コーチングレベルは梱包条件を満たしていない状態が繰り返される場合に段階的に引き上げられます。

コーチングレベルの段階

コーチングレベルは軽微からはじまり、Amazonの設定する問題発生率の基準を超えた場合に引き上げが行われます。

軽微 < 悪化 < 重大

上記のように分類され右に行くに従って手数料が増額されます。

コーチングレベルの引き上げ

4ヶ月間の間に問題発生率が基準値を超え、21日間の猶予期間を過ぎた時にコーチングレベルが一段引き上げられます。

  • 問題発生率(配送レベル) 問題のある納品数/配送済みの納品の合計数
  • 問題発生率(商品レベル) 問題のある商品数/出荷済みの商品総数

上記のどちらか対象の問題発生率になります。

コーチングレベルが引き上げられたのち4ヶ月間問題なく納品、出荷が行われた場合にはコーチングレベルが引き下げられます。
※4ヶ月間の間に在庫が一点も納品されていない場合にはコーチングレベルは引き下げられません。

関連コンテンツ