公開日:2019/08/31
最終更新日: 2021/07/25

Amazon小口出品で販売するにはFBAを使う【売れない理由がある】

Amazonマーケットプレイスを利用して自分も商品を販売しよう。とりあえず無料で始められる小口出品からスタートという方も多いと思います。

まずは自宅にある不用品を中古品で販売してみて、その後に新品商品を出品してみたけれど、商品がなかなか売れないなんていう方も多いのではないでしょうか?

AmazonではFBAを利用しているセラーの方が、自己発送のセラーよりも売れやすくなります。FBAを利用するとAmazon倉庫から商品が発送されることで購入者側も安心感して購入する事ができるからです。

本記事の内容

  • 小口出品にもFBAが必要な理由
  • FBAを使うと売れ行きが向上する理由
  • 新品・中古品での配送方法の選択先

本記事はAmazon販売初心者、小口出品利用者向けに書いています。
Amazonで販売していく上でFBAを利用した方が売れ行きが向上する理由について解説していきます。

新品・中古品では商品の見られ方が少し変わってくるため、FBAの利用戦略の変わってきます。

記事後半では中古品を扱う上でのFBA発送の使い方にも触れていきます。

FBAを利用すると商品の売れ行きが向上します

売り上げ向上の理由はFBAの利用です

小口出品で成約率を高める方法はFBA(フルフィルメント by Amazon)を利用することです。

小口出品を利用する多くの方が自己発送で商品を発送しています。
小口出品の利用者には初心者が多く商品点数も少なく、自己発送なら自分で商品管理ができる安心感があるのでFBAの利用まで進まないためです。

FBAは商品保管に手数料がかかりますし、発送すればさらに手数料がかかります。それでもFBAを利用した方がAmazonでは成約率を高める事ができます。

商品ページ表示されるにはFBAを利用しましょう

自己発送で商品を発送されている方はFBAを利用しましょう。FBAを利用すると、Amazonでは商品ページ上に自身を表示しやすくなります。

FBAを利用するとPrimeマークがつき、発送元がAmazonになります

販売経験が浅く評価数の少ない、低いセラーは販売価格が安くても敬遠されがちですが、Amazonから発送されることで一定の安心感を提供できます。

商品ページに自身が表示され、購入者側から信頼されるようになってようやく商品が売れるようになるわけです。

Amazonではショッピングカートを取得することが販売の鍵です

Amazonではショッピングカートを獲得することが販売力を高める上で最重要な項目です。

ショッピングカートは商品ページに表示される「カートに入れる」ボタンを割り振られる出品者のことで、複数店舗が出品している場合は1店舗のみがこのボタンに割り振られます。

優先度の高い出品者が順にこのボタンを割り振られますが、小口出品者にはこの順番は回ってきません

また、Amazonでは中古品と新品商品では商品の売れるプロセスが少し違います。

中古品は出品者一覧の中から中古品を扱うセラーを一覧の中から選択するため、多くの選択肢の中から商品を選びます。もちろん価格、コンディション、セラーの評価などから総合的に判断されるのですが、新品商品の場合には少し違います。

商品ページに表示されたカートボタンから購入(その際どの出品者から購入するかあまり考えない)。


出品者一覧画面で、価格を見たり、コンディション、出品者評価を確認するといったことは稀です。

出品者一覧まで見てもらえないということは、商品ページに表示された出品者の商品しか売れていないことになります。


ですが、これがAmazonで新品商品が売れるプロセスです。

ショッピングカートを獲得できない小口出品の場合でもFBAを利用した方が成約率を高める事ができます。
逆にFBAを利用していないと成約率は極端に悪くなります

なぜFBAを使うと売れるようになるのか?

なぜFBAを使うと売れるようになるのか?

AmazonではFBAを利用することで販売力が増します。

販売力が増す理由

  • Primeマークがつく
  • 優先的にショッピングカートを獲得できる
  • 発送元がAmazonになり安心感を得られる

小口出品ではAmazon販売で最重要なショッピングカートの獲得資格がありません
それでもFBAをオススメするだけの販売力アップの理由があります。

小口出品では戦略的に自己発送を利用しないのであればFBAを利用した方が確実に販売力が上がります。

FBAを利用するとPrimeマークがつく

FBAを利用すると出荷元がAmazonとなり、Prime会員が送料無料で購入可能な商品である証のPrimeマーク付きます

Amazon利用者の多くは出荷元や、販売者が安心なサービスを提供してくれるかを気にします。

高額転売や中国業者による不良品を購入させられるリスクを避けるために、購入前に色々な項目を確認するのはよく聞く話です。

そのためPrimeマークは購入者に安心感を与え、成約率を高める効果があります

商品ページを開くと「カートに入れる」ボタンに一出品者のみの表示されているのが分かると思います。

Amazonでは商品ページにたどり着いた際に、楽天市場のように出品者が一覧で表示される仕組みになっていません。

出品者一覧表示で見ることもできますが、多くのユーザーは商品ページに表示された出品者(ショッピングカート獲得者)から商品をよく購入していくことになります。

商品ページに表示された商品には多くの場合「Prime」の表示がされているのがわかります。

それらの多くがFBAを利用した出品者で、それ以外にも一定の配送条件をクリアした出品者に限り自己発送であってもPrimeの表示がされる場合があります。

FBAは少し高めの値付けでも優先的にショッピングカートに表示される

FBA利用者は優先的にショッピングカートに表示されます。
ただし、小口出品者の場合にはショッピングカートの獲得資格がありません

大口出品に切り替えた際にはショッピングカートの獲得資格を得られるので、小口出品よりもさらに販売力を高めたい場合には大口出品をオススメします。

Primeの表示があると自己発送の出品者よりも販売価格が高くても優先的に商品ページ上に表示されるため商品が売れることになります。
Primeマークが無い場合には、かなり安く価格設定をしないと商品ページ上に表示されることはありません。

中古商品の場合にはそもそも商品ページ上に表示されることがほぼ無いため。購入者も出品者一覧ページを見て商品を探すことになります。

出荷元がAmazonになることで購入者に安心感を提供できる

FBAを利用すると出荷元がAmazonになるため購入者に安心感を提供できます。

評価数の少ない出品者や、コンディション説明だけでは購入先を比較検討できない場合、出荷元がAmazonの場合には抜群の安心感があります。

Amazonから出荷されることで、カスタマーサポートもAmazonから受けられるので、独自サポートとなる自己発送よりもFBAを利用している方が遥かに安心感があります。

ショッピングカートが獲得できない小口出品であってもFBAを利用した方が、成約率の向上に効果があります。

中古品は自己発送でもいい

中古品は自己発送でもいい

中古品は新品商品と違いショッピングカートの獲得とは無関係です。

基本的には最安値の商品。商品コンディション、評価の順でユーザに選ばれていきますので、最安出品しておけば自然と売れていきます。

中古品でFBAを利用していると多少成約率を高める事ができます。ただFBAを利用すると手数料が高くなる分販売価格が高くなるため、価格が安く抑えられる自己発送の方が選ばれる傾向があります。

新品と中古品では配送方法を分けることを検討してみてください

新品商品をFBA、中古商品を自己発送という選択もありえます。

もちろんどちらもFBAを利用したり、自己発送を選択するのもありでしょう。

商品点数や、経験、戦略によって自分に合った方法を選択するのがベストだと思います。

取扱点数が少ない場合にはFBAは不利

FBAは商品をAmazonの倉庫フルフィルメントセンターに預けなければいいけないので、倉庫までの送料がかかります。

商品点数があまりに少ない場合には販売力が強化されたとしても、倉庫までの送料分だけ利益が減ってしまうのであまり賢い選択とは言えません。

Amazon倉庫までの送料が少しでも安くなるようにまとめて商品を送れるだけの商品点数がある場合や、商品ページで競合する出品者が多すぎる場合などの選択が必要になります。

価格が安ければ売れるわけではない

他の出品者よりも安く出品していれば売れるであろうと考えて値付けした場合、Amazonでは必ずしもうまくとは限りません。

Amazonの仕組みを理解し商品ページ上にカートを表示させることが何よりも商品が売れるため必要ことです。

複数のFBA出品者がいた場合にはその人数でほぼ均等に商品ページへの表示機会が割り振られるため、FBA出品者の人数の多い商品ほど表示機会が少なくなることになります。

小口出品者の場合にはショッピングカート獲得資格も無いため、安くしたからといって選ばれるわけではありません。
他の出品者の状況を見ながら、他社に負けない価格や安心感を提供する必要があります。