公開日:2019/08/31
最終更新日: 2019/11/29

Amazon小口出品で販売する場合にはFBAを使いましょう

Amazonマーケットプレイスを利用して自分も商品を販売しよう。とりあえず無料で始められる小口出品からスタートという方も多いと思います。

まずは中古品を販売してみて、その後に新品商品を出品してみたけれど、商品がなかなか売れないなんていう方も多いのではないでしょうか?

Amazonでは新品商品と中古品で商品の売れ方が少しことなります。初心者の方は商品を自己発送するという選択からスタートされる方がほとんどかとおもいます。中古品の場合にはそれでも問題ないのですが、新品商品の場合には自己発送の初心者には少しハードルのある販売プラットフォームになります。

FBAを利用すると商品の売れ行きが向上します

売り上げ向上の理由はFBAの利用です

結論から先に書くと、小口出品の初心者の方が悩む新品商品の販売力を高める方法。それはFBA(フルフィルメント by Amazon)を利用することです。

小口出品の多くの方が自己発送で商品を発送していると思います。商品点数も少ないし、自分で商品管理ができるので安心感がある。FBAサービスを利用するきっかけも無いなど。

Amazonではショッピングカートを取得することが販売の鍵です

Amazonでは中古品と新品商品では商品の売れるプロセスが少し違います。

中古品は出品者一覧の中から中古品を扱うセラーを一覧の中から選択するため、多くの選択肢の中から商品を選びます。もちろん価格、コンディション、セラーの評価などから総合的に判断されるのですが、新品商品の場合には少し違います。

商品ページに表示されたカートボタンから購入(その際どの出品者から購入するかあまり考えない)。

出品者一覧画面で、価格を見たり、コンディション、出品者評価を確認するといったことは稀です。

出品者一覧まで見てもらえないということは、商品ページに表示された出品者の商品しか売れていないことになります。

ですが、これがAmazonで新品商品が売れるプロセスです。

商品ページ表示されるにはFBAを利用しましょう

自己発送で商品を発送されている方はFBAを利用しましょう。FBAを利用すると、Amazonでは商品ページ上に自身を表示しやすくなります。

商品ページに自身が表示されるようになってようやく新品商品が売れるようになるわけです。

なぜFBAを使うと売れるようになるのか?

なぜFBAを使うと売れるようになるのか?

先程も説明した通りAmazonではFBAを利用することで販売力が増します。

FBAを利用するとPrimeマークがつく

商品ページを開くと1出品者のみの出品者名が表示されているのが分かると思います。

Amazonでは、商品ページにたどり着いた際に、楽天市場のように出品者が一覧で表示される仕組みになっていません。もちろん一覧表示で見ることもできますが、多くの場合には商品ページに表示された出品者から商品がよく買われていくことになります。

商品ページに表示された商品には多くの場合「Prime」の表示がされているのがわかります。それらの多くがFBAを利用した出品者で、それ以外にも一定の配送条件をクリアした出品者に限り自己発送であってもPrimeの表示がされる場合があります。

FBAは少し高めの値付けでも優先的にショッピングカートに表示される

Primeの表示があると自己発送の出品者よりも販売価格が高くても優先的に商品ページ上に表示されるため商品が売れることになります。Primeマークが無い場合には、かなり安く価格設定をしないと商品ページ上に表示されることはありません。

中古商品の場合にはそもそも商品ページ上に表示されることがほぼ無いため。購入者も出品者一覧ページを見て商品を探すことになります。

FBAを利用すると小口出品も大口出品も同じ扱いです

小口出品と大口出品では大口出品のほうがショッピングカートを取得しやすいと言われていますが、FBAを利用するのカート取得率は同じです。FBA出品者の数で均等に商品ページ上に表示されます。

商品点数があまりにも少ない場合には不向きかもしれません

当たり前ですが、FBAは商品をAmazonの倉庫フルフィルメントセンターに預けなければいいけないので、倉庫までの送料がかかります。

商品点数があまりに少ない場合には販売力が強化されたとしても、倉庫までの送料分だけ利益が減ってしまうのであまり賢い選択とは言えません。

価格が安ければ売れるわけではない

もう一つ。他の出品者よりも安く出品していれば売れるであろうと考えて値付けした場合にはAmazonではうまくいきません。Amazonの仕組みを理解し商品ページ上にカートを表示させることが何よりも商品が売れるため必要ことです。

複数のFBA出品者がいた場合にはその人数でほぼ均等に商品ページへの表示機会が割り振られるため、FBA出品者の人数の多い商品ほど表示機会が少なくなることになります。

中古品は自己発送でもいい

中古品は自己発送でもいい

中古品は新品商品と違いショッピングカートの取得と関係ありません。

基本的には最安値の商品。商品コンディション、評価の順で選ばれていきますので、最安出品しておけばいいと思います。

新品と中古品では配送方法を分けることを検討してみてください

新品商品をFBA、中古商品を自己発送という選択もありえます。

もちろんどちらもFBAを利用したり、自己発送を選択するのもありでしょう。

商品点数や、経験、戦略によって自分に合った方法を選択するのがベストだと思います。

関連コンテンツ