公開日:2019/12/14
最終更新日: 2020/09/03

FBA商品で返金処理開始のお知らせ。返品の理由とその後に残る売上は?

Amazonで商品を販売しているとよく目にする返金処理開始のお知らせメール。

一定の割合で必ず発生するので見慣れてしまいますが、商品が返品されて代金が返金されるとその後どうなるのでしょうか?

結構な頻度である返品・返金処理ですので、何も対処せずにいると利益率の低い方などではかなりの痛手になるはずです。

FBA商品で返金処理開始のメール。返品理由と手元に残る売上はいくらか

FBA商品で返金処理開始のメール。返品理由と手元に残る売上はいくらか

Amazonでは結構な割合で返品があります。

返品が容易なのと、ユーザーに対する保証がしっかりしているためですが販売者の側からすると返品は悩みの種でもあります。

なぜなら、Amazonで商品が返品されると多くの場合は全額返金されるからです。

ユーザーはなぜ商品を返品するのか気になるところですが、返品理由については調べることができます。

Amazonからのメールには簡単な理由が記載されている

商品が返品され返金処理が開始されるとAmazonから「返金処理開始のお知らせ」メールが送信されてきます。

そこには返金額と一緒に返金理由が記載されていますが大抵の場合は以下のようになります。

  • 購入者からの返品
  • 配送予定期間内の配送不可
  • 発送先住所に配送不可

ほとんどの場合は購入者からの返品ですが、下二つの場合はよくわかりません。

セラーセントラルから詳細な理由が確認できる

セラーセントラルではさらに詳細に返品理由を確認することができます。

「レポート」→「フルフィルメント」→「返品レポート」

上記で詳細な理由を確認できます。

Amazonはユーザーファーストなサービスのため大抵の場合は全額返金されます。

では出品者の手元には何が残るのでしょうか?答えは配送料分のマイナスです。

配送にかかった手数料はきっちり引かれる

FBA商品は商品が販売されると販売価格から販売手数料、配送代行手数料、在庫保管手数料が引かれます。

返金処理が開始されると「ほぼ全額返金」されるので売り上げから販売価格分が引かれ返金されます。

販売手数料は販売実績がなくなるので0円になりますが、配送代行手数料は引かれたままになります。

返品はされていますが、配送は行われているので配送にかかった費用は引かれます。在庫保管手数料は都度引かれているのでここでは省略します。

返品された商品のその後は?

返品された商品のその後は?

返品された商品はまずAmazonで検品が行われます。

FBA倉庫内で一応検品されます

FBA商品は返品されたあと問題なければそのまま再販されます。

この検品が結構適当なのですが、新品商品を扱っている場合にはパッケージが開封されていなければそのまま再販に回されます。

コンディションに変わりがなければ自動的に再販されます

新品商品の場合は未開封で、パッケージに痛み等ない状態ですので目視確認し問題なしとなればそのまま新品商品になります。

新品商品のガイドラインでは

未開封および未使用。汚れや傷が全くなし

上記になるので基準が明確です。

コンディションが変わっている場合には販売不可在庫になります

新品販売商品が開封されていたりするとコンディションが新品ではなくなるため中古品になります。

コンディションが変更されると、「販売不可在庫」になり商品ページにも掲載されず在庫保管手数料だけが引かれる不良在庫になります。

販売不可在庫は早急に返送または破棄しましょう。

販売不可在庫は早急に返送しましょう

返送にももちろん送料がかかります。ですが返送にかかる送料は非常に安く標準サイズなら52円、大型商品でも105円です。

これは1商品あたりなので、まとめて返送を依頼しても割安になるようなことがなく、在庫保管手数料がかかることを考慮すれば販売不可在庫をいつまでも倉庫に保管しておくよりも早く返送してしまった方が費用を抑えられます。

販売不可在庫は再度FBAで売るか?ヤフオクで売るか?

返送された商品のそのままではただの不良在庫です。中古品になってコンディションの悪くなってしまった商品でも売却して少しでも資金に回したいものです。

Amazonの検品はあまり信用できません

返品理由によくある動作不良などは必ずチャックしましょう。

多くの場合、検品してみると問題なく動作することがあります。

Amazonでは返品されてきた商品を目視で検品していますが、動作確認などは行わず、ユーザーの返品理由そのまま受けとめ返金しているところがあります。

そのため、家電製品などをチェックしてみると問題なく使用できる場合がよくあります。

状態が良ければFBAで再販を

状態が良ければそのままFBAに再度中古品として出品し販売してしまいます。

人気商品なら開封済み商品でも問題なく売れていきます。

販売の際に商品画像と、商品状態を詳細に記載しておくのがポイントです。
Amazonでは他店との差別化を価格もしくはコンディション説明でしかアピールできないため画像や説明文は重要です。

状態が悪くても諦めず少しでも資金回収を

パッケージがボロボロ、商品も破損してしまっているなどの商品。

どうしたものか悩んでしまいますが、ヤフオクなどのオークションサイト、メルカリなどのフリマアプリにも出してみましょう。

客層が変わり、パーツ取り目的や謎の需要により売れることがあります。

売れないと思っていた商品でも現金化できることがあるので諦めずにトライしてみることが重要です。

関連コンテンツ