公開日:2020/07/19

Amazonビジネスのアカウント登録は簡単!個人の場合は提出物あり

Amazonビジネスはビジネス向けの通販サービスです。
Amazonが運営するだけあって価格面でも使い勝手でもビジネス向けに特化した通販です。

  • 事業用に経費を削減したい
  • 備品購入先をまとめて会計管理を効率化したい
  • 個人でも使えるビジネス用品サイトを探している

そんな方にはうってつけのサービスがAmazonビジネスになります。
登録方法も簡単で5分程度で完了します。

  • どんな流れで登録を進めるのか?
  • 登録にあたって必要なものはないのか?

本記事はその辺りについてのまとめていますので参考にしてみてください。

Amazonビジネスのアカウント登録は簡単!

Amazonビジネスのアカウント登録は簡単!

Amazonビジネスのアカウント登録は非常に簡単です。

個人向けAmazonと同じでユーザーファーストなので、アカウントの登録は無料で、月額料金もかかりません。

簡単な審査があるため、登録後すぐに使えるわけではそれもすぐに終わるので、ぜひ登録してみてください。

申し込みページから登録を始める

1

Amazonビジネスに無料登録
申し込みページへアクセス
まずはアカウント登録のために「Amazonビジネス登録ページ」にアクセスします。
それから「今すぐ無料登録」または「無料登録はこちら」をクリック

2

Eメールアドレスの入力
Eメールアドレスを入力
すでにAmazonのアカウントを持っている場合はそのアドレスでAmazonビジネスアカウントに移行できますが、ここでは新規のメールアドレスの登録がオススメです。

メモ

すでにAmazonアカウントを持っている場合は、別の新規アドレスを取得しておきましょう。

3

ユーザー名とパスワードの入力
ユーザー名、パスワードを設定
Amazonビジネス上で表示されるユーザー名と、ログインの際に必要なパスワードを設定します。

4

ロボット対策パズル
セキュリティー用のパズルを解く
よくあるロボット回避のためのパズルを解きます。

5

Eメールアドレスの確認
確認用コードの入力
登録したメールアドレス宛に確認用のコードが送られてくるので入力します。
6桁の数字がメールに記載されているので、なかなか届かない場合は迷惑メールなどにメールが届いていないか確認しましょう。

6

基本情報の入力
基本情報の入力
これが最後の入力画面になります。画面にある必要事項を入力していきます。

  • 担当者名
  • 会社名(個人の場合は屋号もしくは代表者名)
  • 代表者電話番号
  • 住所
  • 郵便番号
  • 都道府県・市区町村・丁目番地・建物名
  • 事業形態
  • 個人の場合のみ提出物が必要

それぞれを入力し、「次に進む」をクリックします。

個人事業主の場合のみ、PDFかJPGにて事業確認のための書類の提出が必要になります。

7

登録情報の確認
登録完了(仮)
全ての情報を入力し終えるとアカウント開設の審査に入ります。
3営業日以内とありますが、私の場合は翌日にはアカウント開設の連絡があったので、そんなに長く待たされることはありません。
審査が終わりAmazonからアカウント登録完了の連絡があれば、Amazonビジネスにログインすることができます。

アカウント登録は2パターンある

アカウント登録の際には2つのパターンがあります。

  • すでにAmazonのアカウント(個人向け)を持っている
  • Amazonアカウントを新規で作成する

すでに持っている場合には、そのアカウントをビジネスアカウントに移行することができます。

メリットもあり、アカウントを引き継ぐことで過去の購入履歴も引き継ぐことができ、購買データの蓄積に役立てることができます。
デメリットとしてはビジネスアカウントでプライムサービスに入会すると個人向けのプライン会員特典は無効になります。個人向けのプライム会員特典にしかないサービスがいくつかあるため、利用状況によっては不便になる場合があります。

アカウントは個人用とビジネス用で分けて2つ持つことをオススメします。
Amazonビジネスのアカウント登録時に、新規メールアドレスで登録すればアカウントを分けることができます。

個人事業主の場合には提出書類が必要

個人事業主の場合にはアカウント登録時に書類の提出が必要です。

個人事業主の場合には提出書類が必要

法人の場合には提出物は不要ですが、個人の場合には次のうちのどれかが必要になります。

  • 確定申告書B
  • 開業届出書
  • 青色申告承認申請書、または所得税青色申告決算書

上記の中のいずれか一点のPDF、またはJPGデータの提出が必要です。
書類には税務署の押印が必要です。マイナンバーや事業収入については見えないように加工した状態で提出してOKです。

メモ

アカウント登録の前に必要な書類をスキャンして用意しておくと、登録がスムーズに進みます。

登録審査は1営業日ほど

全ての入力が終わるとAmazonでアカウント登録の審査に入ります。

通常3日間の審査期間が設けてありますが、大抵の場合は翌営業日にはAmazonからアカウント登録完了のメールが届きます。

登録完了のメールが届けば、申請したメールアドレスとパスワードでAmazonビジネスページにログインすることができます。

メモ

アカウント登録後すぐには利用できないので、余裕を持ってアカウント開設をしましょう。

個人でも使えるAmazonビジネスには個人には無い特典が豊富

個人でも使えるAmazonビジネスには個人には無い特典が豊富

Amazonビジネスは個人事業主でも使えて、個人向けのAmazonにはない特典がいくつもあります。

もちろん個人向け同様に「送料無料」「迅速な配送」で利用できますが、価格面では個人向けよりも利点は多いです。

個人向けとは違う特徴

個人向けとは違い、ビジネス向けのAmazonビジネスではいくつかの特徴があります。

  • 法人価格:個人向けよりも値引きされた商品
  • まとめ買いでの値引き依頼:まとめ買することでさらに値引き
  • 累積購入割引:過去の購入履歴数に応じて値引き
  • 購買レポートの作成:帳簿作成に役立つデータをダウンロードできます
  • 請求書による後払い:月に1回の請求書払いが利用できます

上記のように個人向けにはない特徴がいくつもあります。
価格面では個人向けAmazonよりもさらに値引きされた金額で購入できる点は魅力的ではないかと思います。
ビジネス向けだけあって、複数人での利用を前提とした仕組みや、決算書作成に必要な経費データのレポート作成など、役立つポイントもいくつもあります。

Amazonビジネスにもあるプライムサービス

Amazonビジネスには「Businessプライム」というプライム会員サービスもあります。

  • 配送料無料
  • お急ぎ便・お届け日時指定便が無料
  • 累積購入割引
  • 購買コントロール
  • 購買分析ダッシュボード

など、Amazonプライムと似たところもありますが、Amazonビジネス独自のポイントもいくつかあります。
Amazonビジネスのプライムサービスについては「Amazonビジネスのプライム!Amazonプライムと何が違う?」で詳しく解説していますので併せてどうぞ。

登録だけなら年会費無料で、数分でアカウントも作れますのでまずは試しにアカウント作成してみてはどうですか?

今すぐAmazonビジネスに無料登録

関連コンテンツ