公開日:2020/03/01
最終更新日: 2020/03/18

副業を始めるにあたっての準備は何が必要?物販を例に注意点

これから副業したいと考えている方。隙間時間にアルバイトもいいけれどネットを使って効率的にお金を増やしていきたいと考えている方。副業を始めるにあたって失敗はしたくないものです。

スタートする段階での失敗を避けるためにネットを使った副業で必要な準備について話してみようと思います。

物販を例にしてみますが、ネット系に副業ならばどんなものにも当てはまると思います。

副業を始めるにあたっての準備リスト

副業を始めるにあたっての準備リスト

副業を始めるにあたって必要なものは次の通りです。

  • メールアドレスの取得
  • 副業用銀行口座の開設
  • 副業用クレジットカードを作る
  • 開業届を出す
  • 会計ソフトの導入

必ずしも必要でないものもありますが、あると便利なものを上げてみました。

メールアドレスの取得

取得するアドレスはGmailなどのフリーメールで構いません。

副業ようのアドレスを1つまたは2つ持っておくことをおすすめします。

一つは副業用にメインで使うアドレスです。物販などの場合には様々なサービスに登録することになります。

副業なので時短のために業務効率化ツールの導入は必ず必要です。物販ならば仕入先や代行業者とのやりとり、そこからの通知や連絡で毎日相当数のメールを受信することになります。なので、プライベート用に使用しているアドレスとは分けておくのが良いでしょう。

サブのアカウントもあると便利です。メルマガ登録や一次的に利用するサービスなどに使います。重要度は低いけれど登録してみたいサービスなどに使う捨て垢です。

副業用銀行口座の開設

副業用の銀行口座は必ず開設するようにしましょう。銀行はどこであっても問題ありません。

メジャーなところで使い勝手のいいところを選びましょう。
楽天銀行ジャパンネット銀行などは手数料やヤフオク等の特定のサービスとの相性が良かったりします。

ネットショップを立ち上げる際にはお客さんの振込手数料が少なくて済むように各メジャーな銀行口座は持っているといいでしょう。

ただ、副業を始める前に複数の口座を用意する必要はありません。必要に応じて開設していけば問題ありません。

クレジットカードを作る

クレジットカードも必ず副業用のものを作りましょう

個人で使うカードと副業用に使いカードを1枚にしてしますと、会計処理が非常に面倒です。

中には個人の買い物も経費として計上してしまうなんて方もいる知れませんが、プライベートと副業ではお金の管理を分けるべきです。

カードの作り方にも気をつけなければいけない点はありますが、ここでは割愛します。用途に応じて複数枚所有しているといいでしょう。

開業届を出す

副業をスタートするなら開業届を税務署に提出しましょう

開業届は「 個人事業の開業・廃業等届出書」で、事業開始の1月以内に税務署に提出する必要があります。 開業freeeを利用すれば、無料で簡単・正確に作成することができます。

開業届を提出することで、確定申告の際に「青色申告」を選択するための条件の一つをクリアすることができます。青色申告のもう一つの条件「青色申告承認申請書」の併せて提出すれば節税効果の高い青色申告で確定申告をすることができます。

また、提出の際には「開業届」は必ず控えをもらうようにしましょう。
Yahooショッピングなどに出店の際、卸問屋との取引開始の際などに開業届のコピーの提出を求められることがあります。忘れずに控えをもらうようにしましょう。

会計ソフトの導入

利益が出れば確定申告が必要です。本業でもですが副業では確定申告は面倒ですので会計ソフトを使いましょう。

商品の仕入れ、商品の販売など頑張ればその分帳簿付が大変になります。

会計ソフトを導入してしまって仕訳から確定申告用書類の作成まで可能な限り自動化してしまいましょう。

会計ソフトにもいくつも種類があります。自分好みのものを選択して使用しましょう。副業・個人事業主向けのオススメの会計ソフトは以下になります。

副業初心者が気をつけること

副業初心者が気をつけること

副業をスタートさせたもののすぐに撤退する人が多いのも事実です。

  • 情報収集をすること
  • すぐ行動すること

この2点には意識的に注意しながら取り組むといいでしょう。

情報をかき集めよう

物販は副業の中でもプロセスが確立されているものの一つです。Amazonを利用したものは典型的で、ほぼ全ての作業が外注化可能です。

そのため競合が多いのも事実。初心者が新規参入するには事前に情報を収集することが大切です。

大抵の情報はネットに転がっていますから、手当たり次第に情報をかき集めましょう。

失敗を恐れず行動しましょう

副業で大事なことは失敗を恐れずに行動することです。

当たり前ですが、行動しなければうまく行きません。リスクを恐れるあまり行動せずにいると失敗します。

とりあえずやってみる人の方が成功しやすいのも副業の特徴です。会社のように上からの指示で行動しているだけだと伸び悩んでしまうかもしれません。

自分独自の方法を模索しましょう

誰もがやるオーソドックスな方法論も大事ですが、他者との差別化が重要です。

斬新なアイディアである必要はないですが、常に新しい方法を模索するようにしましょう。

副業で得られる大事なこと

副業で得られる大事なこと

会社員として働いていては得られない経験を副業をすることで得ることができます。

会社員では得られない稼ぐ力

会社員では基本的には上からの指示をもとに行動します。

「経営者目線で物事を考える」なんて言われますが、会社員の場合には失敗した際のリスクが無い、達成目標が低いなど自分で事業を営む人に比べると意識が低い場合がほとんどです。

時間を切り売りして働く会社員から、お金を使って生産性を上げて個人ではできない規模まで副業でも経験することができます。

副業で大事なのは事業の将来性

副業でも時間当たりの作業量に対して収益が発生するものはオススメできません。

アルバイトやクラウドソーシングなどの時間を切り売りするものでなく、外注やツールを使って個人では取り組めない規模でも対応可能なもの。日々コツコツと積み上げて行くことで収益が増大するものがオススメです。

具体的には「物販」や「アフィリエイト」のようなものになります。

これらの副業はしっかり取り組めば色々なスキルが身につきます。

  • 集客
  • マーケティング
  • コンテンツ制作

これらが身につけば本業にもメリットがあります。

関連コンテンツ