公開日:2020/10/12
最終更新日: 2020/10/28

個人事業主・法人問わず使うべきAmazonビジネスとは?利用すべき10点のメリット

Amazonビジネスは個人事業主・法人向けの通販サービスです。

この記事を読んでいる誰もがAmazonは使ったことがあると思います。
商品の安さや配送スピードの速さに定評のあるAmazonがビジネス向けに特化した通販サービスなので利用すればビジネスユーザー向けのメリットがいくつもあります。

  • Amazonビジネス登録を検討中の方
  • Amazonビジネスのメリットデメリットが気になる方

本記事は上記の方向けに内容をまとめています。
Amazonビジネスもメリットだけではなくデメリットもあるので、利用を検討するならちゃんとデメリットについても知っておくべき。

本記事で得られる情報

  • Amazonビジネスで得られるメリット
  • Amazonビジネスのデメリット

サイトの基本的な使い方は個人向けのAmazonと同じですが、ビジネスユーザー向けにどんなところが違うのかを見ていきます

個人事業主・法人問わず使うべきAmazonビジネスとは?利用すべきメリット多数

BtoB通販のAmzonビジネスにはどんなメリットがあるのか?

Amazonビジネスはビジネスユーザー向けの通販サービスです。
登録は無料月額費用も無料から利用でき、豊富な品揃えの商品群が個人向けよりも安く購入できます。

Amazonビジネスを使うメリットを簡単にまとめると次の通りになります。

  • 豊富な商品点数
  • いろんな割引サービス
  • ビジネスユーザー向けの機能

主にこの3つが柱になります。
一つずつ細かく見ていきます。

個人向けAmazonにもあるメリット2つ

個人向けAmazonにもあるメリット2つ

Amazonビジネスはビジネスユーザー向けの通販サービスなので、個人向けのAmazonと類似する部分が多々あります。

他のECサイトと比べAmazonだからこそできるメリットがAmazonビジネスにも活かされています。

Amazonだからできるメリット

  • 豊富な商品点数・取り扱いカテゴリー
  • プライムサービス

豊富な商品点数・取り扱いカテゴリー

豊富な商品点数がAmazonビジネスの特徴の一つです
個人向け同様、どんな商品でも取り扱う豊富な商品群が特徴です。

文房具やオフィス用品があるのは当然ですが、ゲームソフトやペット用品などどんなジャンルの商品群でも購入することができます。

なんでも揃うため、必要な商品を揃えるために複数サイトを横断する必要がなくなり、無駄な時間を使わずに済みます

法人向けのセールも開催されているので、ビジネス向け商品なら通常よりも安く購入することができます。

「Businessプライム」会員なら1商品からでも送料無料

Amazonビジネスにも「Businessプライム」というプライムサービスがあります。

送料は個人向けAmazonと同様で無料会員の場合には2,000円以上の購入で送料無料になるのが常に送料無料で利用できます。
無料会員で2,000円未満の注文の場合、本州・四国なら410円、北海道・九州・沖縄・離島なら450円の送料はかかります(メール便対象商品の場合は100円の送料がかかる)。

そのほか配送に関わるBusinessプライム会員特典

  • お急ぎ便・当日お急ぎ便が無料
  • お届け日時指定便が無料

Businessプライムなら無料会員なら有料となる「お急ぎ便・当日お急ぎ便」「お届け日時指定便」が無料で何度でも利用できます。
お急ぎ便・当日お急ぎ便、お届け日時指定便は本州・四国なら510円、北海道・九州・離島なら550円がかかります。

すぐに届くのが特徴のAmazonでも配送先によってはどうしても時間がかかってしまいます。配送期間を短くするためにもBusinessプライムに入会するのもアリです。

「Businessプライム」はビジネス向け会員特典が詰まったサービス

Businessプライム」にはビジネス向けの会員特典がいくつか用意されています。

Businessプライムの会員特典

  • お急ぎ便・当日お急ぎ便が無料
  • お届け日時指定便が無料
  • 累積購入割引
  • 購買分析ダッシュボード
  • 購買コントロール

Businessプライムでも送料無料で、お急ぎ便やお届け日時指定便を無料で利用できます。
通常2,000円以上の購入で送料無料になるのが常に送料無料で利用できる点は個人向けAmazonと同様です

年会費も4,900円〜、利用ユーザー数によって利用プランが変わりますが、最安プランは個人向けと同額です。

Businessプライムのプラン

会員プラン 年会費 最大ユーザー数
ESSENTIALS 4,900/年税込 3ユーザーまで
SMALL 13,500/年税込 10ユーザーまで
MEDIUM 37,800/年税込 100ユーザーまで
UNLIMITED 270,000/年 税込 ユーザー数無制限

購入価格を下げる4つの割引サービス

購入価格を下げる4つの割引サービス

Amazonビジネスでは購入価格を下げるいくつもの割引サービスが用意されています。

Amazonビジネスの割引サービス

  • 法人価格
  • 数量割引
  • 累積数量割引
  • タイムセール・クーポン

上記4つのサービスを組み合わせることで販売価格をさらに下げて安く購入することができます。

法人価格で商品価格が安くなる

Amazonビジネスでは「法人価格」設定で、一部商品は個人向けよりも安い価格設定で購入することができます。

全ての商品が法人価格になるわけではなく、セラー側が法人価格を設定している一部商品のみに法人価格が適応されます

法人価格は商品詳細ページの商品価格にわかりやすく表示されるので、簡単に見分けることができます。

法人価格が適応されない商品の場合は個人向けAmazonと同額での販売なので、ビジネスアカウントで買うと割高になるようなことはありません。

安く購入するには販売者側が法人価格を設定している必要がありますが、AmazonビジネスができてからAmazonもBtoBに力を入れているので、今後も法人価格を設定した商品は増えてくるでしょう。
まだまだオフィス関連商品など一部商品に法人価格が設定されている程度ですが、まとめ買い需要が狙えるAmazonビジネスに力を入れるセラーは今後も増えてくると思います。

まとめ買いで安くなる数量割引

5点、10点とまとめて購入すると数量割引が適応され割引率が高くなります

大量購入がしたい場合には数量選択箇所から購入したい数量を入力し、セラーに交渉することができます。

メモ

法人価格の設定されていない商品も数量割引を使えば、通常価格よりも安く購入することができます。

過去に購入した商品が安くなる累積数量割引【Businessプライムのみ】

Amazonビジネスのプライムサービス、Businessプライムに入会していれば累積数量割引が利用でき、過去の購入数を加味して割引を得ることができます。

過去12ヶ月間の同じ商品を繰り返し購入することで、一度の購入数が少なくてもトータルの購入数が増えれば割引が得られるサービスです。

Amazonビジネスにもあるタイムセール・クーポン

個人向けのAmazonと同様にAmazonビジネスにもタイムセールやクーポンがあります。

ビジネス向けの限定セールや特集ページがあるので、自社に合った割引商品を見つけることができます。

ビジネスユーザー向けに用意された便利機能4つ

ビジネスユーザー向けに用意された便利機能4つ

Amazonビジネスはビジネス向けにあると嬉しい機能が付いています。

Amazonビジネスだけの機能

  • 見積書の発行
  • 請求書後払い決済
  • 法人クレジットカードでの支払い
  • 購買コントロールで承認管理

見積書が簡単に発行できる

カートに入れた商品から簡単に見積書を作成することができます。

Amazonビジネスでは商品をカートに入れ、ショッピングカート画面の見積書ダウンロードボタンから簡単に見積書(PDF)を発行することができます。

事前承認の必要な場面で見積書を求められるシーンは多々あります。
見積書が発行できないのでAmazonを利用できなかった方でも、Amazonビジネスなら問題ありません。

請求書での後払い決済に対応

Amazonビジネスなら決済方法で請求書による後払い決済を選択できます

1ヶ月間の注文商品を翌月に送られてくる請求書でまとめて支払いができます。

請求書後払いで利用できる金額には限度額がアカウントごとに設定されるので、もしも限度額を超えた場合には、別の決済方法で支払うことになります。

請求書払いの流れ

  • 1ヵ月間の発送した商品について翌月払い
  • 翌月2営業日以内に請求書(PDF)が送信されます
  • 請求書記載の期日、振込先情報を確認して支払う

法人用クレジットカードで支払いができる

Amazonビジネスは法人用クレジットカードでの支払いが可能です

複数人で利用することを前提とした通販サービスなので、法人用のクレジットカードを複数人で支払いに利用することができます。

社員が利用できる決済手段として登録しておけば、利用ユーザーを把握しつつも法人用クレジットカードを使っているので経費管理も楽になります。

購買コントロールで組織管理【Businessプライムのみ】

見積書による承認の他に、管理者側から購入商品を指定したり、推奨する商品や出品者を指定することができます。

組織で利用するにあたって購入する商品の決定プロセスを効率化することができます。

Amazonビジネスにはデメリットもある

Amazonビジネスにはデメリットもある

Amazonビジネスには少ないながらもデメリットがあります。

主に個人事業主の方にとってのデメリットになります。
それでも利用しないでおこうと思うほどではないですが、デメリットについては事前に把握しておいたほうがいいでしょう。

割引率が高いのは大量購入時

Amazonビジネスで大きく割引が受けられるのは同一商品を複数個購入した場合です。

組織内でアカウントを利用していれば、同一商品を複数回購入する機会が増えますが、個人の場合には同じものを何度も購入する機会は少ないです。

単体価格ならば他サイトの方が安いケースもあります。

アカウント登録の際に注意が必要

Amazonビジネスのアカウント登録の際には1点注意が必要です。

アカウント登録画面に行くと、すでにAmazonアカウントを持っている場合にはビジネスアカウントに移行することを勧められます。

個人用のアカウントからビジネス用のアカウントに移行すると、過去の購入履歴を引き継ぎ購入履歴の管理がしやすくなるメリットがあります。

しかし同一アカウントで個人用とビジネス用を併用できないので、アカウントを移行すると個人用のAmazonにログインすることができなくなります

個人向けのプライム会員特典を利用している場合、アカウントを移行してしまうと利用できなくなるので注意が必要です。

利用できないプライム会員特典がある

Amazonビジネスにもプライムサービスがありますが、個人向けにあってビジネス向けには無いプライム会員特典があります。

Businessプライムで利用できないプライム会員特典

  • Prime Video
  • Prime Music
  • Prime Reading
  • Amazon Photos

上記のサービスはAmazonビジネスのプライム会員特典(Businessプライム)には無いので、プライムビデオなどを利用したい場合には個人用とビジネス用でアカウントを分けて登録する必要があります

事業をやっているなら迷わずアカウント登録!

事業をやっているなら迷わずアカウント登録!

使えば使う分だけ割引率の高くなるAmazonビジネスが個人事業主・法人なら登録しておくべき通販サービスです。

登録も簡単にできますし、申し込み手続きも5分程度で終わります。

登録後すぐに使えるわけではなく、申し込み後にAmazonでの簡単な審査があります。約1営業日程度で本登録が完了するのですぐに使い始めることができます。

個人事業主の場合には書類提出の必要があるので、事前に用意しておくとスムーズに登録を進められます。

個人事業主の場合に必要な書類

  • 確定申告書B
  • 開業届出書
  • 青色申告承認申請書、または所得税青色申告決算書

上記の内のどれか1点の画像またはPDFデータを提出しなければいけません。
これらの書類には税務署の押印が必要なので、提出前に確認しておきましょう

商品価格が安くなることはあっても高くなることは無いので安心して利用できます。登録も簡単なので、迷うよりもまず使ってみることをオススメします。

登録簡単!月額費用無料〜

今すぐAmazonビジネスに無料登録

関連コンテンツ